学生という肩書き

先日から語学学校へ通い始めた。
つまりは『学生』になったのだ。
学校好きの私からしたら、6年ぶりの学生ということで毎日気分も上がる。

ポルトガル語という言語は赤ちゃんレベルからのスタート。
一番初級クラスで基礎基本のレッスンを受けている。

 

気持ちいいスタート

私の通っている学校はポルトにある。住みたい街がポルトだったから、そこで学校にも通おうと情報を得ていた。

ネットでいろいろ見ていると、代行の手数料一切無しで学校の申し込みが出来るという会社を発見した。読んでみた感じで信頼できそうだと思ったのでここが紹介している学校に決めた。

※ちなみに私は昔からこういう勘が良い。

 

すると丁寧なメールとともに迅速な手配、そして入学初日にはいつでもフォローしてくださるというメールも。

(なんてご丁寧で且つ親切な方なんだ。。。)

おかげさまで気持ちのいい学生スタートが切れております。
もしポルトガルで語学学校へ通いたい人が居てたらいつでも紹介しますのでご連絡あれ。

 

ゼロから覚えること

そんな絶好調万歳なスタートを切ったのだが、そもそもポルトガル語は難しい。鼻にかかる発音、文章になると音がつながって単語のときと発音が大きく変わること、動詞の変化…

挙げればキリが無いのと、理論的に理解しようとすると覚えるまでに時間がかかりすぎるのとを理由に、ひたすら丸覚えするところからはじめてみた。

 

先生の音を聞き、発音→修正してもらう→繰り返し発音する

 

外国語に良くあるカタカナ表記の発音、あれも本当にどうしようもない。日本から持ってきた本も、先生は良いやつだね!と言うてくれたが、鼻にかかる音がどうしてもカタカナでは表せない(上に読み表すと全然違うらしい)

 

なのでひたすら聞いて喋ってを繰り返す。長い道のり。
だけどそんな日々が結構楽しいのである。

ポルトガル人は大阪のおばちゃんみたい

お店に行ったら英語ではなく極力ポルトガル語を使っている。今のところは単語と短いフレーズだけで乗り切っているので割と理解をしてくれる。寧ろそれに対してぺラぺ~ラ と勢いよくポルトガル語が返ってくる。

(その度に私はギョ、ギョギョッとなって さかなクンを思い出す)

あとはバスを待っているとき、黙っているのに勢いよく話しかけられたり、バックパックを担いでいる時は求めていなくともすぐに声をかけてきて助けてくれる。

↑勿論ポルトガル語で話されるから理解出来ていないけど、私について来いと言わんばかりにお節介焼いてくれる。

お人よしというか、親切というか、暇なのかなとか(失礼)。
いろいろ考えるけど、いつでもゆっくりで、優しい笑顔なポルトガル人だから、私はこの街に暮らしているのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です